ブログ

この春を良い感じで過ごすために①

全国一斉休校を首相が要請し、それに従って多くの自治体が休校とすることになりました。全国の多くの中高生はいきなり学校が無くなり、部活も無し、ということで、時間が有り余ってどう過ごせばよいか困る人も出てきそうです。

私はわりとそれに近い自由な日常を過ごしてきています。その経験から、こうすると良い感じで日常がまわったよというテクニックの1つをご紹介します。

学校が無くなるとまず朝起きる理由が無くなるので、起床時間が遅くなりがちです。お父さん、お母さんがたたき起こしてくれたとしても、仕事に出かけた後に寝てしまえば台無しです。

まあ学校が無いので起床時間が少々乱れて、そのせいで朝食も乱れる(食べる時間が遅くなったり、食べなかったりする)のまでは、ある程度やむを得ないと思っています。

一方で昼食と夕食の時間はできるだけ固定して、きちんと食べる方が良いです。お腹がすいてないからと昼食まで遅くしたりして乱れ始めると、生活リズムの乱れは止まらなくなります。学校に行ってるときほどきっちりしてなくて良いと思いますが、経験上、ある程度整った生活の方が良い感じで日々を過ごせます。

そして昼食と夕食の時間を境い目として、1日を3つに分けます。以下、起きてから昼食までを朝、昼食から夕食までを昼、夕食から寝るまでを晩、と呼ぶことにします。

何も予定がない日を良い感じで過ごすには、このように1日をざっくり3つに分けてスケジュールを組むと考えやすいです。朝にこれをして、昼はこれとこれをしようかな、といった感じで。それをやり終えたら残りの時間は好きに過ごすか、やる気が有れば別のことを片付けても良いでしょう。

学校と同じように1時間単位で時間割を組んだ方がやりやすい人は、それもいいです。ただ、自分の場合はそこまできっちりスケジュールを組むとストレスの原因となるばかりで、何回チャレンジしても上手くいきませんでした。

一方で、1日を3つに区分して、朝に最低限これだけはしておきたい、昼はこれとこれをやる、とゆるく設定しておく方が上手くまわりました。

自分でこれをやると決めて、誰にも強制されることなくそれをやりきると、結構気分が良いものですよ。誰かにやらされる活動では味わえない快感をぜひ味わってみて下さい。

PAGE TOP