ブログ

この春を良い感じで過ごすために③

ヨーロッパの状況を見ると4月上旬に学校が再開するのか雲行きがあやしくなってきた感がありますね…。今みたいな生活が長引くことも覚悟しておく必要がありそうです。

時間を持て余してしまい、良い感じで1日を過ごせてないなぁ…、という人のために、私が実際に使っている手法をご案内します。

私自身は『成功するにはポジティブ思考を捨てなさい』(原題 Rethinking Positive Thinking)という本で紹介されていたテクニックの1つを日常に取り入れています。

具体的には「××になったら××をする」という行動パターンをいくつも日常に組み込んでいるんです。

たとえば朝起きてからの行動パターンは「朝食を食べたら、ゴミを捨てに行く」「ゴミを捨てたら、コーヒーを飲みながら新聞を読む」です。この流れで朝8時~9時を過ごしています。

9時~11時は読書を中心に、ほかは家事をしたり外出したりしてその日の気分で好きに過ごしています(少し前まで書類やら何やらで忙しかったのですが、ようやく落ち着いてきました)。

次は「11時になったら、昼食の料理を始める」です。その後は「料理を終えたら昼食を食べる」「食べ終えたら食器を洗う」の行動のパターンです。13時まで時間が余れば、のんびり過ごします。

次は「13時になったら出る準備を始める」です。もちろん朝から用事がある日などこうじゃない日も有りますが、わりとこういう流れの日が多いです。

この「××なら××する」という行動パターンは、作っておくと結構便利なんですよ。一度その行動パターンに自分が慣れてしまえば、後半の「××する」の行動を開始するのにいちいち「やる気を出す」必要が無くなります。あまりやる気を必要とせず行動を開始するテクニックとして重宝しています。

何もかも「好きなときに始める」にしてしまうと、全ての活動を開始するのにいちいち「さあ今から食器洗うか」的なやる気を引っ張り出す必要が有りますよね。そのほうがかえって大変です。

11時になったら、13時になったら、と1日の大雑把な流れを作ってしまって、ある程度その流れに乗ってしまうほうが楽に良い感じで日々がまわっていくと気づいてから、そういう時間の使い方の日が増えています。結構快適です♪

今回は以上です。この記事が少しでもあなたのお役に立てばうれしいです。

PAGE TOP