ブログ

勉強のおともにタイマーを

英数国理社、どの科目を勉強するにしても大切なこと、それは集中して取り組むことです。どんな授業を受けたとしても、どんな学習素材に取り組んだとしても、集中せずにした勉強には効果はあまり期待できません。

では、どうすれば集中して学習ができるのでしょうか。howの問いですね。

私が用いている集中して取り組むためのテクニックの1つが、タイマーを用いて終わりの時刻を決めてから始める、というものです。私の場合は、勉強に限らず、読書、瞑想、ブログ執筆など多くの活動を始める前にタイマーを設定します。

たとえば、これから数学の勉強を始めるとします。50分は集中できると判断すれば、45分後にタイマーが鳴るように設定してから勉強を開始しています。45分でタイマーが鳴って、きりがいいところまで進むと50分前後で終了となります。

最近はしていませんが、英単語の暗記学習であれば、50分もしようとすると飽きてしまって全然集中が続かなかったので、10分から20分後にはタイマーがなるように設定していました。

10分間暗記に全力で取り組んだら少し休憩、で、また10分取り組んだら休憩、というサイクルがわりと上手くいった時期が長かったように思います。

このタイマー作戦の目的は「集中して勉強に取り組むこと」なので、学習内容によってだけではなくて、その日の気分によって調整したことも有りました。

たとえば、数学をやろうと思うけど、今一つやる気が出ないときなどはいつもの50分をあきらめて、少なめに30分だけ頑張ろうとタイマーを設定したりもしました。

タイマーはあくまで「集中して取り組む」という目的のための手段に過ぎないので、常に目的を見据えて目的達成につながるよう柔軟に調整すればいいと思います。

以上、タイマーを用いた学習のこつでした。今回の記事があなたのお役にたつとうれしいです。

PAGE TOP