卒業生の部屋

このページは過去にPuzzLeを一定期間利用し、利用終了後も神谷と縁をつないでいたい人向けのものです。

神谷が個人的にしている活動

以下は神谷が個人的にしている活動です。基本的に対価は要らないのですが、Give&Takeじゃないとイヤだという人は、お茶かコーヒーに合う少量のお菓子か、PuzzLeへの寄付として図書カードをたまにくれたら十分です。

  1. 読書支援
  2. 相談相手
  3. 人生の定期報告(を聞く役割)

1.「読書支援」

読書習慣だけはつけてほしいので、読書しようという人をとことん応援します。何の本を読んだらいいかわからない、本を読んでたら眠くなる、など読書で困ったことがあれば何でも気軽に連絡してください。また、教室には神谷おすすめの本をそろえた通称「Kamitaniの本棚」(こげ茶の本棚)を設置してあります。気の向いたときに立ち寄って、好みの本を探してみて下さい。

2.「相談相手」

将来のことや、身近な人だと相談しにくいことなどを相談したいときに。事前に予約してくれれば教室内でお話しする時間をとることもできますし、急ぐならLINE通話か電話でも大丈夫です。話を聞いてほしい相手として神谷の顔が浮かんだときにどうぞ。

3.「人生の定期報告」

1年に1度か2度、今思っていることや将来に向けて考えていることなどを報告するのにどうぞ。私で良ければ話を聞きます。神谷自身、20代・30代の頃、自分の定期報告を聞いてくれる人がいてくれて本当にありがたかったです。定期的に人生報告を誰かにすることが自分の人生を軌道修正するとても良い機会となってくれましたよ。

連絡方法

メールを用いる場合はinfoではじまるアドレスか、問合せフォームから連絡をください。LINE登録ずみの人は、在籍時に使っていた「PuzzLeくん」というLINEアカウント先に連絡してください。教室の電話にかけてもらって大丈夫です。今のところ全て神谷が管理しています。

PAGE TOP