ブログ

教室内で授業をしてあげられる今のうちに

今週月曜(6.29)より教室内での授業を再開しました。4、5、6月とパソコン・スマホの画面ごしにやり取りしてきたPuzzLe生たちと久しぶりの教室内での再会で、いつもの「こんにちは」ではなく「お久しぶり」って挨拶になっちゃいました。

勉強の指導だけならオンラインでもある程度出来ることはわかりましたが、直接会って同じ時間を共有するのはやっぱり良いものです。

一方、東京では新型コロナの新規感染者の発見数が3日連続で100人越えですか…。まあ緊急事態宣言が解除となっても、別に新型コロナ問題が解決したわけではなく、経済活動などへのダメージが大きすぎて慌てて制限解除を進めただけですから、ある程度の増加はやむを得ないと思っています。

個人的には想定していた範囲内の数値なのであまり気にはしていないです。関西圏も今のところは安全な数値ですしね。

さて、PuzzLeとしては関西圏の数値が危険水域になれば全面的にオンラインに戻すとして、せっかく教室内での授業ができる今のうちにやっておきたいことが主に2つ有ります。

まず第一はせっかく教室内で授業をできる今このときを楽しんでおこう、です。未来に備えるとしても、どうせいくら心配しても本当にどんな未来が来るかなんてわかりはしないので、楽しめるうちに楽しんでおくのが良いと思っています。

もう一つはオンライン授業で生じていた課題の発見ですね。急造のオンライン学習だったのでどうしても至らない点が多々有ったと思います。問題にこちらが気づくことが出来れば改善を図りようが有るのですが、そもそも気付いてあげられていないことも有ったはずです。

今週教室内でのPuzzLe生の学習の様子を見ていて、オンラインではメモの取り方の指導が不足していたことに気付きました。さっそく各科目の学習に付随してメモの取り方を学んでいってもらっています。上手にメモをとれるようになると学習効率が上がるだけでなく、定期テストの点も上がりやすいので、メモスキルは結構大事です。

多くの感染症の専門家が今どころじゃないかたちで秋冬に第二波が来そう、と予測している以上、今のうちに楽しめることは楽しみつつ、着々と備えておきたいですね。

PAGE TOP