1. エッセイ
  2. 2 view

「答え合わせはタイミング」

勉強の仕方が下手な人によくあるのが、答え合わせのタイミングが驚くほどおかしい、というケースです。そもそも、問題演習時に自力では解けなかった問題を答え合わせのときに習得して賢くなっていくわけですから、答え合わせがうまく機能しないと賢くなりません。

もちろんどのタイミングで答え合わせするかは個人の好みも有って当然で、必ずこのタイミングでしなければならない、というものではありません。

でも、好みの範囲を超えてそのままでは勉強効率が悪すぎるかなと判断すればアドバイスをするようにしています。

もう少し具体的に書きます。たとえば問題集でよくあるのが以下の構成です。

  1. 要点のまとめのページ
  2. 基本問題
  3. 標準問題

こういう問題集でたまに、基本・標準問題を一気にやってから答え合わせをする人がいます。

このタイプの問題集は多くの場合、標準問題に基本問題の類題(少し応用)が出る構成になっているわけですから、答え合わせをせず一気に解いてしまうと、基本問題で解けなかったタイプの類題を標準問題でまた間違うだけです。

ですから基本問題でいったん答え合わせをして理解を深めてから標準問題に取り組むほうが、多くの場合効果的です。

一方、基本問題がほぼ完ぺきに出来ている人であれば上記の不都合は生じませんから、一気に基本・標準問題を解いてから答え合わせをしても大丈夫です。

このように、必ずこうすべきであるという万人共通の学習マニュアルがあるわけではなくて、時と場合によると思っています。ですから大事なのは「この状況ではどのタイミングで答えあわせをすれば効果的か?」という問いを立てて勉強の仕方を自分なりに工夫する習慣をつけて、自分で判断できる力を向上させることだと思っています。

ただ、答え合わせはこうしたほうがいいと思うよ、といった具体的なアドバイスを送るのは簡単なのですが、「自分なりに工夫する思考習慣」を根付かせてあげるのは、なかなか難しいんですよねぇ…

エッセイの最近記事

  1. 「なりたい自分・なりうる自分」

  2. 「答え合わせはタイミング」

  3. 「そもそも自分が関心をよせたとして」

  4. 「文系・理系の選択」

  5. 日本の子どもの幸福度は最下位レベルですか…

関連記事

PAGE TOP